枕って大切なんです!

貴方の枕は合ってますか? こんな症状に心当たりは?

・首が痛い/重い/こる
・手がしびれる
・肩こり/偏頭痛
・寝返る時に腰が痛い
・眠りが浅い
・夜中に目が覚める
・夜中に何度かおしっこで起きる
・目覚めたら頭が枕から落ちている
・何個も枕を買い替えたけどしっくりこない

枕は大切な頸椎(首の骨)を守ります! 枕が合えば深い睡眠になります!

<首の構造>背骨ってどうなっているの?


★右図のように背骨はクネクネと弯曲しています。約5kgの頭を支える為です。(昔の石橋やトンネルがアーチ構造になっているのと同じ原理です。)

★寝るときにはこの弯曲は必要ないので、やや真っすぐになります。

★胸椎には肋骨、腰椎には骨盤と内蔵を入れる腹腔があり、横方面は安定します。頸椎は周りに何も無く前後左右が不安定で5kgの頭を支えています。

★頸椎は(ほかの脊髄も同様)左右から神経が出て、腕に伸びています。これが圧迫されると「手がしびれる」という症状につながります。

<寝返り>を考える〜なぜ人間は寝返るの?

★同じ姿勢で寝ていると、尾てい骨や肩甲骨などに圧が常にかかって痛い。⇒寝返りで圧を逃してあげる。

★血液やリンパ液などの体液の循環を良くする。

★日中の動きで起こった身体の歪みを整える。

人は一晩に20〜30回の寝返りをします。多くても少なくてもダメなんです。

<寝返りをしやすい条件>(寝返りとは?仰向け⇔横向きの反復行為)

★硬すぎないマット(敷き布団)〜硬すぎると、痛みや違和感があるため寝返りの回数が多すぎてしまいます。その結果睡眠の妨げになる。

★柔らかすぎないマット〜柔らかすぎると寝返るために力が必要です。

★掛け布団の重さ〜ダウンは軽くて温かい。綿素材だと重くて身動きができない。

★自分の体格/体型に合った高さの枕(解説は以下に)

 

自分の体格/体型に合った高さの枕

★横向きで寝る時に、頸椎の左右から出ている頸神経を圧迫しない高さ。

★仰向けの時に、頸椎の前弯が真っすぐになる程度の高さ最小限の力で寝返りができる高さ。

※素材や「低めが好き」「柔らかめが好き」といった好みではなく貴方の身体にあった枕になります。これに同意して頂いた上で計測し作製します。

価格

さりげなくで整体を受けた方 10,800円(計測料、枕カバー込み)
枕のみ購入希望の方 15,120円(計測料、枕カバー込み)前払い

※発注日から約10日〜14日で仕上がります。